EN  |  JP
SISYU x KIRIYAMA, PHOENIX
SISYU x KIRIYAMA, PHOENIX

SISYU x KIRIYAMA, PHOENIX

¥1,400(+TAX)
+
-

書家 紫舟の情熱的な書と、MILTOSのコラボレーション。紫舟は世界的に活躍する書家で、ルーヴル美術館地下会場、ミラノ国際万博、ダボス会議などで展覧会やライブを行い、数々の国際賞を受賞。MILTOSは彼女の情熱的な書に着想を得たペルー産ホワイトカカオを選択、芸術家精神にオマージュを捧げます。最高級の素材と情熱が出会った魅惑のチョコレートをお楽しみ下さい。

強いカカオ感、かすかに香ばしいピーナッツの風味。シトラスと糖蜜、フローラルの強いキャラメル。フィニッシュにかけてリンゴの香り、桃のようなジューシーさと柑橘系の酸味が口の中に広がる。

酸味:3/5 苦味:1.5/5 渋味:1/5 甘味:3/5 フルーティ:2/5 フローラル:3/5 スパイシー:2/5

ABOUT MILTOS

FRESH CHOCOLATE

MILTOSは徹底した「鮮度」に拘るチョコレート。 世界に出回るチョコレートの多くが、出来上がりから数ヶ月経ったもの。いくら良いカカオ豆を使用しても、流通の過程でフレッシュさが失われてしまっては、元も子もありません。

MILTOSのチョコレートは、カカオ豆を摺り潰し、二日間かけてゆっくり練り上げ、三日目にはチョコレートが完成します。あまりにも新鮮すぎる「フレッシュ」なチョコレートは、熟成し、変化する風味を楽しんで頂くことが出来ます。MILTOSの美味しさの最大の理由は、フレッシュなチョコレートであることなのです。

STEAM ROASTED

日本人の主食として古くから慣れ親しまれているお米。日本人はお米を「炊く」ことで、お米本来の甘味や旨味を引き出したように、MILTOSはカカオ豆を焼くのではなく「炊き」ます。それはカカオ豆からは感じられない「甘味」さえも、引き出すことの出来るMILTOS独自の製法。

カカオ豆を水蒸気によってふっくらと炊き上げることで、豆の表面と芯が適度なバランスで焼き上がり、カカオが本来持っていた甘味が残ります。そうすることでフレッシュなチョコレートを楽しむことが出来ます。この甘味とはつまり「酸味」。それはフルーツとして実っていたカカオの新鮮さを、そのまま味わうことなのです。

SELECTION

「チョコレートの原料であるカカオ豆は、フルーツの種である」。最高のカカオ豆を市場に並んでいる物の中から探すのは、非常に難しいことです。それはカカオ豆が市場に並ぶ前に見逃してはならない数多くの工程が存在するからです。

MILTOSは世界中の契約農家へ足を運び、発酵過程や収穫のタイミング、カカオ豆が果実として木に成っている所までを観察し、最高のカカオ豆を選別します。料理人が最高の食材を目利するように、カカオ豆を目利きする。そのためにMILTOSは世界中の生産国に赴きます。