EN  |  JP
BOTCHAN RESSHA, DARK GREEN TEA
BOTCHAN RESSHA, DARK GREEN TEA

BOTCHAN RESSHA, DARK GREEN TEA

¥815(+TAX)
+
-

フレッシュなリンゴ、プラム、ブドウのような甘み。赤ワインの芳醇な味わい。品のあるカカオの苦味から、若々しく溌刺した抹茶の風味。フルーティな甘さからビターな抹茶へ物語のように変化する。

酸味:3/5 苦味:3.5/5 渋味:3/5 甘味:3/5 フルーティ:3.5/5 フローラル:2.5/5 スパイシー:3/5

 


愛媛県から世界へ向けて最上級のTree to Barチョコレートを発信するMILTOS。オーナーの高橋賢次自ら世界中のカカオ生産国へ赴き、理想のチョコレートを作りを行う為、収穫前のカカオの段階から品質をコントロール。チョコレート作りに情熱を傾けます。

 


同じく愛媛県に位置する松山市。漱石や子規など多くの文人・俳人を生み出したこの街で彼らが活躍する時代に走っていた「坊ちゃん列車」。1954年に姿を消してから47年の歳月を経て2001年に伊予鉄道(株)(現:(株)伊予鉄グループ)が復活させました。現在も人々を乗せて市内を走る坊ちゃん列車は松山有数の観光名所であり、人々から愛されるアイコンとして親しまれています。

 


松山の観光、そして文化の活性化を願い様々な障壁を乗り越えて復活した坊ちゃん列車。両社の熱い想いが引き合い、公式コラボレーションアイテムとして初となるオリジナルチョコレートが誕生しました。

 


坊ちゃん列車の特徴的なカラーである、車体色のディープグリーンからインスピレーションを得、厳選した上質なカカオ豆に、愛媛県のお茶所として有名な新宮産の抹茶をブレンド。深い抹茶の味わいと、カカオのフルーティな香りがマッチする大人なチョコレートです。

 


パッケージデザインは同じく愛媛県から国際的なデザイン賞を数々受賞するYuta Takahashi。国内に現存する最古の軽便機関車である伊予鉄道1号機関車(坊ちゃん列車)を撮影、精密に描き起こした物をパッケージに箔押し加工。機関車の持つ無骨な印象を非常に細かなギミックで表現しています。

 


この一風変わったチョコレートは松山市内を走る坊ちゃん列車の路線図がモチーフになっています。そして実際に坊ちゃん列車が市内を走るルートを通ってしかたどり着けない迷路が隠されています。



パッケージの上蓋にはレール断面図と伊予鉄道の象徴的なシンボルを刻印。パッケージをぐるりと囲むように客車と機関車が配され、それは長年親しまれながら市内を走り続ける坊ちゃん列車を連想させます。



特別な情熱の出会いが生んだダークグリーンティーチョコレートを是非ご賞味ください。



ABOUT MILTOS

FRESH CHOCOLATE

MILTOSは徹底した「鮮度」に拘るチョコレート。 世界に出回るチョコレートの多くが、出来上がりから数ヶ月経ったもの。いくら良いカカオ豆を使用しても、流通の過程でフレッシュさが失われてしまっては、元も子もありません。

MILTOSのチョコレートは、カカオ豆を摺り潰し、二日間かけてゆっくり練り上げ、三日目にはチョコレートが完成します。あまりにも新鮮すぎる「フレッシュ」なチョコレートは、熟成し、変化する風味を楽しんで頂くことが出来ます。MILTOSの美味しさの最大の理由は、フレッシュなチョコレートであることなのです。

STEAM ROASTED

日本人の主食として古くから慣れ親しまれているお米。日本人はお米を「炊く」ことで、お米本来の甘味や旨味を引き出したように、MILTOSはカカオ豆を焼くのではなく「炊き」ます。それはカカオ豆からは感じられない「甘味」さえも、引き出すことの出来るMILTOS独自の製法。

カカオ豆を水蒸気によってふっくらと炊き上げることで、豆の表面と芯が適度なバランスで焼き上がり、カカオが本来持っていた甘味が残ります。そうすることでフレッシュなチョコレートを楽しむことが出来ます。この甘味とはつまり「酸味」。それはフルーツとして実っていたカカオの新鮮さを、そのまま味わうことなのです。

SELECTION

「チョコレートの原料であるカカオ豆は、フルーツの種である」。最高のカカオ豆を市場に並んでいる物の中から探すのは、非常に難しいことです。それはカカオ豆が市場に並ぶ前に見逃してはならない数多くの工程が存在するからです。

MILTOSは世界中の契約農家へ足を運び、発酵過程や収穫のタイミング、カカオ豆が果実として木に成っている所までを観察し、最高のカカオ豆を選別します。料理人が最高の食材を目利するように、カカオ豆を目利きする。そのためにMILTOSは世界中の生産国に赴きます。